トップ
  • 土地オーナーの方
  • ルネスが選ばれる理由
  • WHY CHOOSE RENACEルネスが選ばれる理由

    01

    いつの次代でも、居住者から支持される
    快適な居住空間の提供が出来る

    ルネス工法は、集合住宅において国土交通省が推奨する、躯体と内装・設備を完全分離する1階2層方式『スケルトン・インフィル』を採用しています。従来の天井に梁を設ける従来の工法に対して、梁を床下に設ける『逆梁工法』により、快適な居住空間が持続可能に。100年もつ構造躯体(スケルトン部)と平均寿命が26年と言われている設備・内装(インフィル)を完全分離し、次代の居住者のニーズに合わせた間取り、設備の改修を実現しています。

    スケルトン/インフィルのイメージ図

    スケルトン/インフィルのイメージ図
    ×

    出典:国土交通省より引用

    02

    次代の社会変化に柔軟対応
    設備・内装の改修が容易にできる

    少子・高齢化、人口の減少が急進展する中で、居住者の40%前後を高齢者層(65歳~70歳以上)が占めるようになっています。ルネス工法は間取りの変化に伴う給排水設備管等も移設しやすく、バリアフリーに適した整備への転換が容易になり、高齢者に優しい居住空間を実現できます。

    高齢化の推移と将来設計

    高齢化の推移と将来設計
    ×

    出典:内閣府HPより引用

    03

    資産価値の維持は、建物の適正な維持メンテナンスと、
    居住者の安定的な確保が決め手となる

    時代の社会のニーズの変化に合わせた、居住者目線での居住空間(住宅)の提供が必要です。
    ルネス工法は、快適なテレワーク環境の実現や、抗菌除菌・免震工法を取り入れた高付加価値の創出が可能です。

    「ルネス工法」7つのメリット

    04

    居住者の次代の社会の変化に対応した、間取り、設備等の変更が容易であり、
    長く快適に住み続けることが可能となる

    例えば、ファミリー所帯の減少に伴い、シングル・ニューファミリー所帯が住みやすい広いリビングの設計や、テレワークの増加によるインターネット設備の標準化など、刻々と変わる時代の流れに適合する再生・改修が可能です。

    Page Top