トップ
  • 建設・不動産会社の方
  • ルネスが選ばれる理由
  • WHY CHOOSE RENACEルネスが選ばれる理由

    01

    入居者にとって長期に亘って良好な住環境を維持できる
    「事業価値」のある商品を提供できるのが「ルネス工法」
    全国フランチャイズ展開を推進しているグループです。

    長期に亘って安定経営を実現するためには、「入居者に喜ばれ選ばれ続ける建物」であることが重要となります。市場(入居者)のニーズに合致していることが、空室リスクを軽減させます。

    「事業価値」のある商品を提供できるのが「ルネス工法」
    POINT.1 収納力

    収納力

    ルネス工法は、各部屋床下60cmの空間が広がっており、収納不足の我が国の集合住宅の課題解決できる「収納力」があります。

    POINT.2 上下の遮音性能

    上下の遮音性能

    集合住宅で多い上下階の騒音問題による住人トラブルを、床下空間で音を吸収することで防止出来る劇的な「遮音性能」があります。

    POINT.3 部屋の広さ

    部屋の広さ

    床下から天井までの高さを立体利用することでロフトベッド・書斎スペース・収納スペースを設置することで部屋の有効活用が可能で、入居者のニーズに合わせたプランニングの幅がぐっと広がります。

    POINT.4 採光性・通風性

    採光性・通風性

    梁が天井に無く、すっきり開放感のあるハイサッシが可能で、光と風を採りこみ、部屋に開放感が生まれます。

    スケルトン・インフィル構造

    02

    オーナーにとって長期に亘って市場価格を維持できる
    「資産価値」のある商品を提供できるのが「ルネス工法」

    長期に亘って安定経営を実現するためには、ライフサイクルコストを抑え収支計画を維持しながら、市場変化へ柔軟な対応ができるかどうかが重要です。
    スケルトン・インフィル住宅であるルネス工法は、長寿命化した耐久性と間取の変更のしやすさを合わせもった集合住宅です 。

    日本のマンションは通常、内装材や設備の老朽化などにより平均寿命が26年と言われますが、構造躯体は しっかりしていても配管設備など老廃により解体&新築という無駄を繰り返していました。しかし、構造躯体(スケルトン部)と設備・内装(インフィル部)を分離し、入居者ニーズに合わせ間取りや内装リフォームを容易にしながら100年以上長持ちさせるSI(スケルトン&インフィル) 住宅です。

    ルネス工法は、耐用年数に応じた配管メンテナンスや住宅設備のみを交換することでコストを抑えた改修を実現、そして、解体&新築することなく、長期に亘る入居者ニーズの変化に応じたリノベーションや間取り変更をインフィルのみの施工で余計な費用をかけずに実現でき、時代に合わせた入居者目線の空間に再生させることも可能です。
    今までのスクラップ&ビルドの考えでなく、既存住宅をメンテナンスしながら永続的に使い続ける取り組みによる200年住宅を目指すスケルトンインフィル住宅(ルネス工法)による「建物の長寿命化」が、将来世代に負担を強いることのない「住居費負担の軽減」「解体&新築のCO2排出量軽減」に大きく寄与することになります。

    Page Top